アイコン飯田のコピー

今月の情報誌”RE NEWS”でご紹介の、
この7月20日に移転オープンされた、『亀広良』さんのご紹介をしたいと思います

昭和30年に上名古屋で創業された伝統ある旧店舗からの移転は、
餡子を炊く場所と店舗を同じ場所に移し、お客様にもゆったりお越しいただきたいからとのこと。

新店は住宅街に上品に佇む、和菓子屋さんらしい趣の店構えです。

店内は木曽ひのきのベンチなどが置かれ、お菓子を選ぶ時間さえも贅沢に楽しめる空間です。

DSC_5486.JPG







































★P1080521k























『亀広良』さんでは様々な種類の和菓子を、厳選された原材料の味を最大限に生かし、
毎日ひとつひとつ丁寧に手作りをしていらっしゃいます。


今回は生菓子と、亀広良さんだけで味わうことのできる夏限定の“夏の霜”を頂きました。

生菓子はどれも季節を象徴する美しい色合いや形で視覚からも風情を感じられます。

中の餡はどれも異なる風味や舌触りで、その味わいだけでも丁寧な仕事をされているのが目に浮かぶようです。

中でも最高級の市田柿の中に備中白小豆を包み、
その上に羊羹を掛けた“古露柿”の絶妙なハーモニーは一口食べただけで
ファンになってしまうようなお味でした。

★DSC_5197k






















また、愛らしいピンク色の“金魚”や吉野葛を使用した“葛まんじゅう”は
夏の暑さを一瞬忘れさせてくれるような涼やかさです。★DSC_5162k                            

























お抹茶にとても良く合いそうな“夏の霜”は、軽やかな食感の阿波の和三盆に挟まれた、
餡の匂い立つような甘みが口の中いっぱいに広がります。

★DSC_5155






















半生菓子の “華氷”はキラキラと宝石のように可愛くて、つるんとした寒天の食感がたまりません。綺麗な箱詰めもあるので、ちょっとした“お持たせ”にもぴったりですよ♪

★DSC_5152






















その他にも、和菓子店王道の羊羹、上用まんじゅう、干菓子なども多数販売されています。

絶対的な品質とオリジナリティあるお菓子は、自分用にも手土産・プレゼント用としても自慢できますよ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『 亀広良 』

●住  所     名古屋市西区上名古屋1-9-26
●T  E  L       052-531-3494
●営業時間  9:00-19:00
●定  休 日     水曜日
●最 寄 駅    地下鉄鶴舞線「浄心」駅 ①出口から東へ徒歩10分
●駐 車 場    あり(お店の前)     
●HP     http://www.kamehiroyoshi.com 

★ 詳細は、お店へお問い合わせください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
アイコン飯田のコピー
    こちらのサイトもご覧ください♪
 saki

・不動産を買いたい、売りたい方は
【明福興産】

・明福興産 社長のブログ 【いつか来た道、目指す道】

・名古屋のリノベーション賃貸 【RE rent】

・明福興産のフェイスブックページ