welcome to 『RE NEWS』

アール・イー・ニュースの明福興産ブログです。

『RE NEWS(アール・イー・ニュース)』の明福興産 看板犬の「R(アール)」です。

庄内川

花火大会とビリギャル

社長32x32忘れられた頃、ブログに登場するtaka です(笑)


実に気まぐれな投稿。今回の話題は、アツい有村架純  地元愛ネタです。

映画「ビリギャル」ご存知ですよね?


20150511-00000005-wordleaf-0f713f947f9070e40248850bb20220214



そのロケ地に、名古屋のお馴染みのスポットが使われているのは有名です。

しかし、清須市西枇杷島町(庄内川河川敷)も使われていることは意外と地元人も知らないようです。


 ◆国交省(なんと!!)の資料
://www.cbr.mlit.go.jp/kisya/2015/06/0606.pdf#search='%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%AB+%E3%83%AD%E3%82%B1%E5%9C%B0'


地元愛のカタマリのような私のとっては、

 『ようやくこの地域のポテンシャルの高さに世間が気が付きはじめたか・・・』

といった程度のことですが。(フッ・・・)


さすがに清須市も大々的に便乗PRしていますね!(笑)


明日は、そんなロケ地にもなった河川敷から、夏の到来を告げる恒例の花火大会が開催されます。

かつては市場も盛況を誇った土地柄で、下町気質の妙に人懐っこい空気。



市のPRにもあるとおり、お祭楽しみながら、「ビリギャル」のロケ地を訪れてみてはいかがですか?



20150523202242



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 社長32x32    こちらのサイトもご覧ください♪
           taka


名古屋市西区・西枇杷島町・北名古屋市の不動産は【明福興産へ】


明福興産 社長のブログ 「いつか来た道目指す道」

名古屋のリノベーション賃貸 【RE rent / アールイーレント】

この街が好き!|Facebook| 明福興産のフェイスブック





西枇杷島まつり 2014

社長32x32takaです。


5月末、6月初めとは思えない、尋常じゃない暑さが続いていますが、

今年もこの季節がやってきました。

西枇杷島のお祭りです。

今週末の7日(土曜日)、8日(日曜日)に開催されます。

西枇杷島祭り 1



子どもの頃から、このお祭りの時期になると、

『あー、夏がやってくるなぁ。。。』と実感したものです。

当日は交通規制が敷かれております。

清須市役所作成のインフォメーションに詳細が載っていますので、チェックしてみてくださいね。


↓↓↓ こんな感じで分かりやすい地図

西枇杷島祭り 2


【尾張西枇杷島まつりガイド】
http://www.city.kiyosu.aichi.jp/event_calendar/matsuri/sangyo_nishibi.html


花火大会は7日(土曜日)の19:40スタート、終了は20:20ですよ。


お間違いなくお出掛けください!


当日は、よほどのことがない限り、わたしも行こうと思っております。

実現すれば、実に30年ぶりとなります。

このところ、ずっと西区内の高所から、遠巻きに花火を楽しむだけでしたから、ちょっと楽しみです。


西枇杷島 ③

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 社長32x32    こちらのサイトもご覧ください♪
           taka


名古屋市西区・西枇杷島町・北名古屋市の不動産は【明福興産へ】


明福興産 社長のブログ 「いつか来た道目指す道」

名古屋のリノベーション賃貸 【RE rent / アールイーレント】

この街が好き!|Facebook| 明福興産のフェイスブック

庄内川を天然鮎が泳ぐ…

社長32x32takaです。

このブログへの投稿は、ホント久しぶりです

地域の話題で、皆さまとシェアしたいものを見つけました。

私たちの暮らす西区を南北の2ゾーンに分けている庄内川の
「将来ちょっと楽しみかも?」という話し。

情報源は、先日4月23日付の中日新聞、県内版の記事です。

鮎遡上1


まず、庄内川に鮎が生息していると言う事実をご存知でしたか?

フツーにいるんですね。鮎。

鮎はご承知のとおり、産卵のため川を溯上します。

溯上とは、川下(河口側)から川上(一般的に山手側)へと流れに逆らって川を登ること。

その鮎の溯上を阻むかのような堰堤(えんてい=高低差2mほどの段差)によって、
うまく溯上出来ない鮎がたくさんいるんだそうです。

以前から、これを解消するための階段状の「魚道」はあったらしいのですが、
間口が狭く、鮎が気付いてくれなかったとか。

そこで今回、市民グループの「矢田・庄内川をきれいにする会」が国交省の許可・協力を得て、
棚田式の新たな「魚道」を造ったとの言うのです。

事業費はおよそ100万円。
場所は、庄内川橋の少し川下(西)側。
4月中に完成予定とのこと。

庄内川では地道な水質改善も取り組まれていますから、
これで鮎の生息サイクルが根付いてくれることを目論んでいるそうです。

いかがですか?

鮎の捕れる川が、暮らしている町の身近にあったら…

たとえ、実際に鮎を捕らないとしても、そこに天然の鮎が泳ぐ川が流れていると思うだけで、
ちょっと豊かな気持ちになりませんか?

実は、庄内川の北を流れる新川でも、鮎を放流して、生息させる試みがこの数年続けられています。

旧新川町の有志の方々が、この地で鵜飼を行うことを目標にされているのです。


ともすると、「水害」の記憶やリスクばかりがクローズアップされる河川。

しかし、水辺のある生活圏って、ある意味豊かだと思うのは私だけでしょうか。

ニューヨーク、パリ、ロンドン、ローマ…

世界的な都市は、例外ないくらいに河川と身近な関係に在るんですよね。


時に暴れる河川を押さえ込む… 

治水という考え以外に、上手に付き合うという姿勢もまた、
良い町づくりには必要不可欠ではないでしょうか。

jpg


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 社長32x32    こちらのサイトもご覧ください♪
           taka


名古屋市西区・西枇杷島町・北名古屋市の不動産は【明福興産へ】


明福興産 社長のブログ 「いつか来た道目指す道」

名古屋のリノベーション賃貸 【RE rent / アールイーレント】

この街が好き!|Facebook| 明福興産のフェイスブック


星神社 天王祭

地域のご紹介です。

私たちの地元、上小田井の氏神様は『 星神社 』です。

DSC_1584

受け売りですが、この神社の歴史は古く、
西暦885年頃には、すでに建立されていたとか…。

その後の戦(いくさ)によって、神社のすべてが焼失。
藤原氏によって再興されたと言われています。

その名のとおり、七夕にまつわるエピソードが残る古刹です。
庄内川を天の川に見立てて…、なんて話も聞いたことがありますが、
ちょっとロマンチックな感じがしますね。

本日19時からは、神社境内にて、「茅輪くぐり」があります。
無病息災、健康を祈願する神事です。

今朝、神社へ行ってみたら、宮司さんが準備をされていました。

DSC_1583

天気予報では、ちょっと微妙ですが、晴天のもと、開催されると良いですね。
我が家でも、行く予定です。

DSC_1585

星神社では、旧暦の7月7日(8月7日)に、毎年七夕まつりが執り行われます。

町内の子供たちが、子ども獅子で神社まで練り歩きます。
 ♪ 『 げーんきを だーしーてー  わっしょい! わっしょい! 』

昔から変わらぬ、町の風物詩です。

-----------------------------------------------------------------------------

   アイコン社長のコピー                  こちらのサイトもご覧ください。

taka

・不動産を買いたい、売りたい方は【明福興産】

・明福興産 社長のブログ 【いつか来た道、目指す道】

・名古屋のリノベーション賃貸 【RE rent】

livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ